hakusui

自分のカフェを
物資拠点にした人のこと
Case5 南阿蘇村白川区
白川水源駅カフェ倶梨伽羅(くりから)
伊藤さん

自分のカフェを物資拠点にした人のこと
Case5 南阿蘇村白川区
白川水源駅カフェ倶梨伽羅(くりから)伊藤さん

白川区は家の中の物は倒れ、屋根瓦は破損しましたが
家の全壊、半壊はまのがれました
しかし、余震、停電、断水が続く中
村人は公民館へ自主避難、または自宅の庭の車の中で寝ました

停電、断水、お店もガソリンスタンドも閉店
村役場も混乱し支援拠点が立ちあがりません
水は湧水を汲んで確保しました
お米は農家が多いため不安はありませんでしたが
野菜はすぐになくなりました
生活消耗品、高齢者や赤ちゃんのオムツ、冷えピタ
数日たっても村からの支援物資が届きません

伊藤さん、醤油屋のうめちゃん
白川区の区長さん、消防団
皆が力を合わせて民間の支援物資を集め配給しました
高齢者や身体が不自由な方には配達しました
困っている人の話を聞き、必要な支援をしました

カフェ倶梨伽羅は白川水源駅の中
南阿蘇鉄道は壊滅、いつ電車がくるのかわかりません
それでも、土日だけもカフェを開けようと準備をしていました
しかし…
カフェ倶梨伽羅が営業を再開するにはもう少し時間がかかります

頑張った人を応援したい

熊本復興 人間力募集プロジェクト

お母さんが「和食処しらかわ」を営業しています。是非お立ち寄り下さい。