OLYMPUS DIGITAL CAMERA

集落で1軒だけ残った
農家さんのこと
Case10.西原村小東地区
農家 久保田さん

集落で1軒だけ残った農家のこと
CASE10. 西原村小東地区
農家 久保田さん

西原村小東地区は、山に向かって段々に家や田んぼ、畑が作られた古い集落です
2度の大きな地震で家も田んぼも全てが破壊されました
かろうじて1軒だけ残った久保田さんの家も大規模半壊の判定でした

余震が続く中、お父さんとお兄さんは、無事だった加工所の中にテントを張って寝ました
お母さんと妹さんは、寝るときだけたんぽぽハウスに避難しました

震災前はもち米とうるち米を粉にして作るこの地域の名物
「こひがしもち」を毎朝つくり
道の駅「萌の里」に卸して販売していました
しかし、「萌の里」は俵山トンネルと道が破壊され営業停止
現在は仮設店舗で営業を再開しましたが
俵山トンネルが未開通のままでは交通量が増えません
更に阿蘇山が大噴火

「こひがしもち」は日持ちがしません
昔からお母さんが子どものおやつとして作って来た「かりんとう」
自家製大豆味、熊本産黒ゴマ味、熊本産生姜味の3種類を作ることにしました
木地を手でこね、カセットコンロにフライパンを乗せ、油で一つ一つ揚げています

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

地割れし水が入らなくなった田んぼは自ら重機を使って畑に再生
加工品の材料にと小豆や大豆を植えました
家のサッシがようやく入りましたが屋根はまだブルーシートのままです

今は何とか使える部屋に家族で身を寄せ合って寝ています
雨が降れば雨漏りがし、大きなたらいが直ぐに一杯になってしまいます
台所も壊れたままで、思うように炊事が出来ません

全壊になった家の解体が少しずつ始まりました
家を失った住民が帰って来るのかはわかりません

心のこもった手作り「かりんとう」を販売しています
ご購入いただくとこで支援になります
熊本復興 人間力募集プロジェクト

久保田さん facebook